マイカーローンを契約する前にしておく情報収集について

ネットで金利比較しておく

自動車を購入する時に手元にお金がない場合にはマイカーローンの契約をすることになります。

契約する前に事前に知っておくことで、金利による利息の返済を抑えることができます。

車のディーラーが指定するローンを何も考えずに契約すると後で損をする可能性があります。

通常、ディーラーの金利は高いと言われています。

例として、ディーラー側と銀行で提供しているマイカーローンで金利比較してみましょう。

金利比較してみたところ

大手都市銀行とで返済総額が30万円以上の差があり、信用金庫だと40万円近い差が出てきます。

金利1%の差があるだけで総額として大きな違い出てきます。

銀行は実店舗に行って契約を結ぶこともできます。

今ではネット上でも日本全国、どこからでも24時間Web上にてお申し込みができるために地方に住んでいながらもマイカーローンを契約することができます。

銀行もマイカーローンの販売競争があり、特にネット専業銀行では低金利で提供されています。

地方銀行は条件によって低金利になる優遇制度があり、マイカーローンを契約するには情報収集がまず大事と思われます。